MBAを取ってよかった事

MBA取得のメリットとは?貴重な時間をかけてまで取得する意味とは? - MBA取得後は給料が上がる

MBA取得後は給料が上がる

MBA取得後のメリットとして大きな点では給料が上がるということがあります。
給料はどれくらい上がるのか詳しいことを見ていきましょう。

MBAを取得した人の給料

MBAを取得した人の給料はその前の給料と比べると上がっているのでしょうか。結論から言えば上がっていると言われています。そして相場についてですが、MBAを持っている人の年収の相場は年収500万円以上は超えているということがわかっています。しかし74パーセントの人に過ぎませんので、残りの26パーセントの人はそれ以下であることが分かっています。意外と低いと思う人もいるかもしれませんが、もしこれが20代だとしたら高いとも取れるかもしれません。会社派遣で取得をしている場合はもともと働いていた会社で引き続き働くことが多いので、その場合はどうしても給料がそれほど上がらないのが現状のようです。

年収1000万円以上

年収が1000万円以上の人は全体の27パーセントいるということですが、これはやはりMBA取得者は給料が高いことを表しているのではないでしょうか。普通に文系の大学を卒業した人の給料と比較してみると1000万円の年収を超えている人は9パーセントなのに対してMBA取得者の場合は27パーセントなので3倍の高収入がわかります。一番多い層も違いがあり、文系大学卒業者の場合には500万円以下の年収の人が55パーセントと多いのに対して、MBA取得者の場合は700万円から999万円の層が一番多いですので、それだけでも200万円以上の差があることがわかります。得られるメリットとしてはやはり給料が高いことは確実と言えるでしょう。
MBA取得後にどこで働くのかによっても違いがあるかもしれませんが、給料が確実にアップすることは間違いないと言えるでしょう。それがどれだけ上がるのかは働く場所によっても違います。

関連する記事

Copyright(C)2016 MBAを取ってよかった事 All Rights Reserved.